プラント設備解体.com

工場の解体における技術内容

今までの人生の中で工場の解体現場等につきましては、街中等を歩かれている際に見られたことや、目撃されたことがあると思われます。実は、工場の解体については、様々な技術や技法を駆使して解体されておりますので、その工場の解体の技術について、これからご紹介させて頂きたいと思います。どのように工場が解体されていくのかを解明して行きたいと思います。

工場の解体はただ壊せば良いと言うものではない

工場の解体については、ただ単に壊せば良いと言うものではありません。例えば家屋やビルを壊す際には、どこを壊すと建物のバランスが崩れてしまい、倒壊と言う恐れいている事態になってしまうのかと言うことについて、ある程度抑えなければなりません。事前に計算して、正確に作業を進める必要があります。また、隣接する建物について、危害を加えないように、内側等最も安全と思える方向に、倒壊するように壊して行かなくてはなりません。ですので、工場の解体とは、緻密な計算と、確かな技術について裏付けられた非常に高度な作業内容であるのです。

工場解体の工法について

工場解体の工法についてですが、その方法としましては、多種多様な方法で構成されております。それぞれの工法について紹介させて頂きたいと思います。「火炎ジェット工法」についてですが、この工法としては、高温かつ高エネルギーのジェット火炎を超高速で噴射することで、コンクリート等を溶断する方法となります。「水素酸素ガス切断工法」では、水素酸素ガスが発生させることができる「電解水の電気分解装置」を使用して鋼材をガス切断をすることができます。「レーザー工法」では、レーザー発振機を使用して、強力なレーザービームによってコンクリートを溶解・切断します。このように解体の現場では、様々な技術が駆使されて、切断等ができるようになっております。

設備工場の解体の技術内容とは?

設備工場における解体の技術内容で代表的な内容としては、「塔状構築物の解体工法」等も挙げられます。煙突等の搭状構築物の上部を斜め下方3方向から引張り、常に直立状態となるように支持しながら上下方向に移動可能な状況にし、下端部を除去しながら下降させ解体する工法で、引っ張りながら解体する現場内容は見られた方もあるかもしれません。

まとめ

工事現場では様々な技術内容を駆使して、解体する技術があります。実際に不要になった工場を解体する場合におきましては、しっかりと解体業者さんと話し合いをしまして、理想的な技術内容と値段内容で、工場の解体を進めて頂ければと思います。