プラント設備解体.com

工場でガス管の解体工事を行うには

工場でガス管の解体工事を行うには工事を行う前にすべき準備がいります。特に工事をする際、個人の自宅、戸建ての場合、工事の責任者と工事をされる側に責任がつきます。ガス管の工事は一歩間違えれば怪我をすることもあるんです。怪我をしないようにするために、沢山のある業者の中から信頼のある解体工事業者に頼みましょう。

ガス管の解体工事の撤去方法

撤去方法としてはまず解体工事する前にガスを止めなければいけません。ガスの元栓を切るだけではなく他にもガス会社に連絡し、ガス自体自宅に来ないようにすることが必要です。さらにガスメーターに関しては自分で外しますが、外す前に解体業者へ連絡しておかなければいけません。ガスが確実に来ないことが分かった上で、ガス管を工事解体業者が切断することが出来るんです。解体工事をしている途中でガス管がどこにあるか業者が確認することもあります。ガス管が古くなるとガス管の解体工事をしなければいけません。古くなったままガス管を使い続けているとガス漏れの危険もあるんです。

解体工事でガス管撤去する際の注意点

解体工事でガス管撤去する際には注意点があり、先ほども簡単に書きましたが命の危険もあります。ガス漏れがあると火事に繋がる恐れもあり非常に危険です。例えば少し乾燥した日、花火のように火を使うときがあると、ガス漏れが起こっている場合火事になりかねません。急に火が付くと爆発することもあるし、自宅を失ってしまうこともあります。過去にガス管工事の爆発事故も日本でもあり、今まで70件以上の家が被害に遭っているんです。ガス管を解体する際ガスが来ないようにする袋を取り付けますが、肝心な袋を切ってしまい火災事故に至った事件もあります。

ガス管の解体工事の被害を少しでも防ぐには

ガス管の解体工事は工場の解体工事業者が行うので完全に事故が防げるとは言い切れません。しかし火事が起こったとき混乱しないように出来る方法ならあります。普段行う必要のあることですが、定期的にガス管の様子を見る必要があります。道路のガス管の場合は工事業者が各地域を周り一括に点検していることもあります。個人の自宅のガス管は工事業者に連絡する必要はありますが、ガス管の点検は無料なので積極的に点検を行いガス管が壊れていないか確認しましょう。また必ず安さだけで選ばないこと、見積りをきちんと確認し施行の流れを把握することが必要です。

まとめ

ガス管の工事はガス管を切断することよりもガスが来ないかどうか確認が非常に重要です。ガス管工事は資格がいり、ガス主任技術者、ガス機器設置スペシャリストなどがあります。資格がいる仕事なのでガス管の解体工事業者は信頼性もありますが、人が作業していることなので常に命の危険性はあるんです。家族の安全も考えてトラブルが起きないようにアフターフォローのあるところを選びましょう。