ヤマブシタケ

ハリネズミのようなキノコ。サプリメントとしても注目。

ヤマブシタケ 山伏茸 きのこ事典ヤマブシタケ 山伏茸 きのこ事典

サンゴハリタケ科 サンゴハリタケ属 / 別名・和名:山伏茸

発生場所:ヤマブシタケはミズナラや半分枯れたブナなどの広葉樹に発生

季節:夏~秋 / おいしさ度:1

ヤマブシタケは樹木の比較的高い幹から発生し、同じ木からいくつも発生することもあります。外観は逆さまにしたハリネズミのようなキノコです。姿が山伏の胸飾りに似ていたことがヤマブシタケの名前の由来とも言われています。

大きさは最大で25cmほどになり、軟らかい白い房状の無数のとげを丸い形に垂らしています。

肉は軟らかく、内部に多数の穴があり、スポンジのようになっています。若いうちは真っ白ですが、時間が経つにつれ、茶褐色や黄褐色を帯びたきのこになっていきます。

ヤマブシタケは一部地域では栽培されたものが販売されている食用のきのこです。サプリメントや健康食品としても注目され、抗がんや生活習慣病改善の成分として研究されています。

きのこナビ TOP

 

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ