ハナビラタケ

抗がん作用が期待されるキノコ

ハナビラタケ 花弁茸 きのこ事典/調べるハナビラタケ 花弁茸 きのこ事典/辞典

ハナビラタケ科 ハナビラタケ属 / 別名:花片茸、ツチマイタケ、マツマイタケ

発生場所:ハナビラタケはマツやカラマツ、ツガなどの根元付近や切り株から発生

季節:夏~秋 / おいしさ度:1

ハナビラタケはその名の通り、花びらが集まったような形が特徴的なきのこです。サイズは10cm~20cmほどですが、大きいものでは直径30cmを超えることもあります。色は全体的に乳白色またはクリーム色で、根元のかたまり状の太いツカから枝別れし、個々の枝先に薄い膜状の波打ったものが付いています。

ハナビラタケは食用で、シコシコとした歯切れのよさが特徴のキノコです。味は淡白でクセがありません。子実体に色が付いたものは歯切れ悪くなり、嫌なにおいもつきはじめるので、白いものの方が美味しいといわれています。また、このキノコの菌糸は木の中心部に進入し、木を腐らせて土に返らせる働きがあるとされています。

近年、ハナビラタケは抗がん作用を持つとして、アガリクスや霊芝などとともに代替医療用のキノコとして注目されています。抗がん・免疫力賦活成分である「β-グルカン(ベータグルカン)」含有量が多いことで知られ、国内外での研究が盛んに進められています。

きのこナビ TOP

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ