チシオタケ

血のような赤い液を出すキノコ

チシオタケ 血潮茸 きのこ図鑑チシオタケ 血潮茸 きのこ辞典

ラッシタケ科 クヌギタケ属  / 別名・和名:血潮茸

発生場所:チシオタケは広葉樹の朽木や倒木の上などから群生

季節:夏~秋 / おいしさ度:0

チシオタケは傷がつくと、その部分から血液のような赤色をした液が染み出てくるという特徴を持つきのこです。

傘の直径が1~3cm程度の小型キノコで、色は淡い赤色もしくは赤褐色をしています。中心部分はやや色が濃く、フチに近づくほど色が薄くなっており、湿度が高い環境では表面に粘性のヌメリが見られます。形は初め卵形で、成長するとやや開き、成長すると釣鐘型または円錐形になります。また、傘には放射状のスジが見られ、フチはノコギリの歯に似たギザギザした飾り状になっています。

ヒダはツカに直生していて、色は白く、成長するとやや黄色くなり、密ではありません。

ツカは長さが4~12cm程度と、傘と比べるとかなり長く、中身は空洞になっており細くて折れやすくなっています。ツカの表面は傘と同系色ですが、多少色が濃くなっており、表面には細かい綿毛状の微毛が見られ、基部は白い菌糸に包まれています。

チシオタケの肉は薄く、ほぼ表面と同じ色をしており、特徴的においはありません。食用には向かないきのこです。

きのこナビ TOP

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ