ムラサキナギナタタケ

紫の長刀(ナギナタ)のような形をしたきのこ

ムラサキナギナタタケ きのこ図鑑|名前ムラサキナギナタタケ きのこ図鑑|名前

シロソウメンタケ科 ナギナタタケ属 / 別名・和名:紫薙刀茸・紫長刀茸

発生場所:ムラサキナギナタタケはマツ科の針葉樹林内などに束生

季節:夏~秋 / おいしさ度:0

ムラサキナギナタタケは鮮やかな紫色をしていて“ナギナタタケ/長刀茸”の名前の通り全体は棒状あるいは長い刀状の姿をしています。また、先端がナギナタのようにやや曲線を描き、先端部分は古くなるとしなびて褐色に変色していきます。

十本以上が束になって発生するケースが多く、小さなものは3cmほど、大きいものでは13cm前後の高さまで成長します。肉質はしっかりとしていますが、中は空洞になっています。また、まれに先端部分が分かれている場合もあります。

ムラサキナギナタタケの仲間で黄色のナギナタタケ、赤色のベニナギナタタケという種類のキノコもあります。

食用可能ですが、味や香りはほとんどありません。料理の彩りに使用されることがありますが、食用の価値はさほど高くないとされています。

きのこナビ TOP

サブコンテンツ

このページの先頭へ