ホコリタケ

様々な場所に発生する丸いきのこ

ホコリタケ 埃茸 きのこ図鑑/事典ホコリタケ 埃茸 きのこ図鑑/事典

ホコリタケ科 ホコリタケ属 別名・和名:ミミツブシ、バクダン、埃茸

発生場所:ホコリタケは色々な種類の林の地上や草地、庭先、道端などに群生

季節:梅雨~秋 / おいしさ度:1

ホコリタケは頭部が丸く短く、太いツカの部分が特徴的なキノコです。傘の頭部は直径が2cm~6cmほどの大きさで、中心の部分に少し突起があり、周辺部分には横線のような模様があります。

色は白から薄い褐色で、頭頂部は色が濃くなっています。また、表面にはイボやトゲのような突起物があり、突起の先端は濃い褐色をしています。そのトゲは成長するにつれ脱落します。

ホコリタケのツカの部分は頭部につながっている部分がくびれており、色は頭部とほぼ同色。根元部分は白い菌糸がついています。

肉はやわらかく、きれいな白色で、全体に組織がつまっています。

ホコリタケは成熟すると色がグレーに変色し、傘の中央部に穴があいて、そこから煙のような胞子が飛び出します。この胞子が耳の穴や鼻に入ると、そこからキノコが生えてくるという噂話があり、そのためミミツブシ、バクダンのような別名がついたようです。

若いうち(半分に割って中が白い時)は食べることもありますが、一般的に食用には不向きです。

きのこナビ TOP

 

 

 

 

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ