ベニナギナタタケ

赤やピンク色で薙刀(ナギナタ)のような姿のキノコ

ベニナギナタタケ 紅長刀茸 きのこ事典/図鑑ベニナギナタタケ 紅長刀茸 きのこ事典/図鑑

シロソウメンタケ科 ナギナタタケ属 / 別名・和名:紅薙刀茸

発生場所:べニナギナタタケは様々な種類の林内地上に束になって発生

季節:夏~秋 / おいしさ度:1

ベニナギナタタケはナギナタタケムラサキナギナタタケの仲間です。表面は鮮やかな朱色やピンク色で、細長く、もやしやサンゴのような姿が特徴的なキノコです。

成長すると高さは515cm程度になり、中は空洞で、根元付近の色は白くなっています。また、表面の色は変色、退色しやすく、ベニナギナタタケらしい鮮やかな色をしたもの以外にも、赤褐色やグレーに近い色の個体も見られます。

ベニナギナタタケの根元部分は複数が集まり束になった形で、まれに縦に溝が入っている事もあります。先端部分は細く、途中で枝分かれしているものも見られます。

食べられるとされますが、無味無臭で特に美味しさはないキノコです。主にマリネ、サラダ等の彩りのための食材として使用されます。

ベキナギナタタケと似た外観を持つ毒キノコ、「カエンタケ」が、誤って食された事故が多いようです。カエンタケは毒キノコの中でも有数の猛毒を持っていますので、十分に注意する必要があります。両者を見分け間違えることもあるので、自信のない場合は食さないほうがよいでしょう。

きのこナビ TOP

サブコンテンツ

このページの先頭へ