ヒナノヒガサ

「雛の日傘」ほどの小さなきのこ

ヒナノヒガサ 雛日傘 きのこの種類/事典ヒナノヒガサ 雛日傘 きのこの種類/事典

キシメジ科 ヒナノヒガサ属 / 別名・和名:雛日傘

発生場所:ヒナノヒガサはさまざまな森林内の地上や、コケの間などに発生

季節:春~秋 / おいしさ度:0

ヒナノヒガサの傘はかなり小さく、直径は5mm1cm前後しかありません。コケの間から姿を見せる超小型の可愛いキノコで、「雛の日傘」とは、言い得て妙です。

傘の形はまんじゅう型または丸い山形ですが、成長するに連れて平らになっていきます。傘の表面の色は淡いオレンジ色または黄色で、端よりも中心部分の色が若干濃くなっています。

ヒダの部分白色で、ツカに垂直に生じ、ヒダのひとつひとつは離れて並んでいます。
ツカの長さは13cmで長くはないのですが太さがないため、全体的な見た目は細長いというイメージを受けます。ツカの表面の色は薄いオレンジ色か黄色で、微毛が密生しており、その中身は空洞となっています。

ツカが空洞で、さらにとても小型のキノコであるため肉と言えるような部分は殆どなく、食用には向きません。

きのこナビ TOP

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ