ヒトクチタケ

魚の干物のような匂いを発するキノコ

ヒトクチタケ 一口茸 きのこを調べる/検索ヒトクチタケ 一口茸 きのこを調べる/検索

サルノコシカケ科 ヒトクチタケ属 / 別名・和名:一口茸

発生場所:ヒトクチタケはアカマツなどの枯れた木の側面に発生

季節:春~秋。暖かい土地では一年中 / おいしさ度:0

ヒトクチタケは、立ち枯れたマツなどの側面に沿ったハマグリのような型をしています。上面の色は褐色からオリーブ色でツヤツヤした光沢があります。また、裏面は乳白色の膜で覆われていますが、成長後にその膜は破れ、楕円形の穴が開きます。

裏面の膜に穴が開くと、乾いた魚のような何とも言えない特徴的な匂いを発します。これは胞子を運ぶための虫類を集めるための匂いで、開いた穴の中には甲虫類の昆虫やその幼虫などが集まっていることが多く見受けられます。

ヒトクチタケはその名の通り、一口サイズで直径は2~3cmほどですが、食用には向きません。

きのこナビ TOP

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ