ヒイロチャワンタケ

お茶碗のカタチをしたきのこ

ヒイロチャワンタケ きのこを調べる/検索ヒイロチャワンタケ 緋色 きのこ図鑑/辞典

ピロネマキン科 キンチャワンタケ属 / 別名・和名:緋色茶碗茸

発生場所:ヒイロチャワンタケは道端や、畑、砂利道、空き地などの地上に群生

季節:夏~秋 / おいしさ度:0

ヒイロチャワンタケは傘の直径が15cm鮮やかなオレンジ色をした浅いお椀型のキノコです。

群生することが多く、傘同士が押し合うように発生するため、傘の周辺部分が波を打っていたり歪んでいることが少なくありません。また、中央部分の放射状のシワは地面と結合している場合が多く見受けられます。色は全体的にオレンジに近い色ですが、縁の周辺部分は少し白色を帯びており、細かい毛が見られる事もあります。

ヒイロチャワンタケにはツカはなく、肉が非常に薄く、表面にツヤが見られます。その他のヒイロチャワンタケの特徴としては、肉が柔らかくもろいということがあげられます。また、裏面はやや色が淡く、乾燥すると白色から乳白色に変色します。

また、O型の血液とヒイロチャワンタケの成分を混ぜると、血液を凝固させるという性質を持っています。血液型O型の人が口から食べても血液が固まるわけではありませんが、ヒイロチャワンタケは食用には向きません。

きのこナビ TOP

サブコンテンツ

このページの先頭へ