ハナビラニカワタケ

カーネーションのような姿のキノコ

ニカワハナビラタケ きのこ事典/辞典 調べるニカワハナビラタケ きのこ事典/辞典 調べる

シロキクラゲ科 シロキクラゲ属  別名:花弁膠茸

発生場所:ハナビラニカワタケは落葉広葉樹林の立ち枯れた木などに発生。

季節:春~秋 / おいしさ度:1

ハナビラニカワタケは全体の大きさが直径3~15cm程度で、カーネーションや八重咲きの花びら、またはレタスやメカブのように見えることもあります。全体的にやや透明感があり、縁は不規則に波打っていて、これが子実体です。両面に胞子を形成し、表面は平で色は淡いオレンジ色を帯びた褐色~薄い赤褐色。木との接触面である基部は複数の薄い膜が癒着した状態で、上部よりも硬く色も濃いことが特徴です。

ハナビラニカワタケの肉は、外観通りのゼラチン質です。乾燥すると縮み上がり硬くなって色も黒に近い色になりますが、雨などで水気を帯びると再び元に戻ります。

また、ハナビラニカワタケはキクラゲと同じように乾燥させて保存する事ができます。特に味はありませんが、コリコリとした食感があり、中華料理や酢の物、サラダにして食べるといいでしょう。

きのこナビ TOP

サブコンテンツ

このページの先頭へ