ナギナタタケ

黄色いナギナタのような形のきのこ

ナギナタタケ 長刀茸 きのこ図鑑/ナビナギナタタケ 長刀茸 きのこ図鑑/辞典

シロソウメンタケ科 ナギナタタケ属 / 別名・和名:長刀茸

発生場所:ナギナタタケは森林内の地上などに束生

季節:夏~秋 / おいしさ度:0

ナギナタタケは鮮やかな黄色をしたキノコで「ナギナタタケ/長刀茸」の名前の通り全体は棒状あるいは刀状の形をしています。また、先端がナギナタのようにやや曲線を描き、先端部分は古くなるとしなびて褐色に変色していきます。

数本~十数本が束になって発生し、高さは12cm前後にまで成長します。肉質はしっかりとしていますが、内部は空洞になっています。また、まれに先端部分が分かれているケースもあります。

ナギナタタケは日本以外でも北米、北欧、オーストラリアなどでも見ることができます。

赤色でナギナタタケと同科のムラサキナギナタタケという種類のキノコもあります。また、よく似ているキノコとしてはキソウメンタケがあげられます。

食べることはできますが、味はほとんどなく食用の価値はないとされています。

きのこナビ TOP

サブコンテンツ

このページの先頭へ