ツチグリ

「星の湿度計」と呼ばれるキノコ

ツチグリ 土栗 キノコ辞典ツチグリ 土栗 キノコ図鑑

ツチグリ科 ツチグリ属

別名・和名:ツチガキ、土栗

発生場所:ツチグリは主に雑木林の地上に群生

季節:夏~秋

おいしさ度:1

ツチグリはとても変わった形状をしたキノコで、乾いている時は丸まり、湿気を帯びると開きやすいといわれています。そのため、「星の湿度計」と呼ばれることも。

幼菌時は土に少し埋もれ、大きさは2~4cmほどで形は球型、白色~灰褐色をしています。成長すると星形やヒトデのような形に外皮が6~10つほどに分かれて開き、ツチグリらしい特徴的な姿になります。開いた外皮は硬く厚みがあり、表面には地面にできるひび割れのような模様がでます

成長したツチグリの中心部分にある球型のグレバ(胞子が放出される部分)は微毛状の薄い膜で覆われており、色は褐色または濃い褐色です。成長すると頂上の中心部分に穴が開き、そこから胞子を出します。ツチグリの肉は白色~茶色で成長すると共に色が変化していきます。

ツチグリは国内では東北地方で塩ゆでなど食用とされてきました。また、東南アジアでも一般的に利用され、カレーなどに入れることも珍しくないようです。

きのこナビ TOP

サブコンテンツ

このページの先頭へ