ソライロタケ

夏の空のような色をしたきのこ

ソライロタケ きのこ小図鑑 種類ソライロタケ きのこ小図鑑 菌

イッポンシメジ科 イッポンシメジ属 

別名・和名:空色茸

発生場所:ソライロタケはアカマツの針葉樹林や広葉樹と針葉樹の混成林の地上などに発生

季節:秋

おいしさ度:不明

ソライロタケの傘は直径が2~3.5cmと小さく、円錐形の中央が尖ったような形状をしています。色は名前通りの鮮やかなブルーで、キノコでは珍しく青色をしている種として知られています。表面に傷がついたりした場合は黄色い粘液を出して黄褐色に変色します。

ヒダの部分はツカに上生し、最初はカサの色と同じような空色をしていますが、成長とともに段々とクリーム色を帯びていきます。

ツカは長さが3~7cmほどで、色はほぼ傘と同じ空色をしており、表面にはねじれたような繊維状の模様が見られます。

この特徴的な色を持つソライロタケは日本固有の種だと言われており、人気がありますが発見することはとても難しいキノコだとされています。

指で触ったり傷つけたりするとると、この美しい空色は失われてしまいます。地上に生えている状態でなければ鮮やかな空色のソライロタケは見る事ができません。

たいへん珍しい種のため食用となるかどうかは不明です。

きのこナビ TOP

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ