スッポンタケ

スッポンが首を伸ばしたような姿のきのこ

スッポンタケ きのこを調べるスッポンタケ きのこ図鑑 写真

スッポンタケ科 スッポンタケ属

別名・和名:鼈茸

発生場所:スッポンタケは竹やぶや庭先、雑木林などの地上に発生

季節:夏~秋

おいしさ度:1

スッポンタケはキヌガサタケに似ており、キヌガサタケから白いレース状のマントを外したような形状で、全体では10~15cmほどの高さがあるきのこです。

世界中で古くから男性器に似ていることで知られ、学名はPhallus impudicus(恥知らずな男性器)という意味です。

幼い時は直径が2~5cmほどの卵状の白い膜に覆われており、成長ともにツカが伸び、卵状のものの中からスッポンのようにニョキッとキノコが出てきます。

傘は直径が3~5cm程度で、頭頂部には孔があり、濃いオリーブ色をしていて、ヌメリがあります。また、この部分からネバネバした強い悪臭を放つ黒い液体が出ます。そのクサさは姿を見ずとも近くにスッポンタケがあるなと分かるほど。この猛烈に臭い液は、ハエなどの虫類を集め、これを舐めた虫に液の中に含まれる胞子を拡散してもらう役割を持っています。

ツカは中身が空洞でもろく、全体的に白色をしています。

スッポンタケは匂いがありますが、食用として中華料理などによく利用されています。

きのこナビ TOP

 

 

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ