シロキツネノサカズキ

小さな赤いコップ型のきのこ

シロキツネノサカズキ 白狐盃 きのこ図鑑/事典/ナビシロキツネノサカズキ 白狐盃 きのこ図鑑/事典/ナビ

ベニチャワンタケ科 シロキツネノサカズキ属 / 別名・和名:白狐盃

発生場所:シロキツネノサカズキは各種林内の落ち枝などに群生

季節:春~夏 / おいしさ度:不明

シロキツネノサカズキは、名前の通りキツネがコップにするほど小さく赤い、かわいらしい姿のきのこです。愛らしい外見なので、写真の被写体として人気のあるきのこのひとつです。

コップ状の傘の直径は1cm前後で、鮮やかな赤色をしています。コップの外側にあたる部分にはたくさんの繊毛が生えています。幼い時はボール状ですが、成長すると口の部分が段々と開いて盃のような形になります。

ツカは白色または黄色っぽい色をしていて、細長い形状です。また、傘の部分同様、細かい繊毛で覆われています。

シロキツネノサカズキは食用になるかどうか判明していません。食べられたとしても小さすぎて料理には向かないきのこです。

きのこナビ TOP

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ