サンゴハリタケ

サンゴや滝しぶきのように見えるキノコ

サンゴハリタケ 珊瑚 きのこ事典/辞典サンゴハリタケ 珊瑚 きのこ事典/辞典

サンゴハリタケ科 サンゴハリタケ属 / 別名・和名:珊瑚針茸

発生場所:サンゴハリタケはブナやミズナラなど広葉樹の枯れ木や倒木などに発生

季節:秋 / おいしさ度:1

サンゴハリタケは名前の通りサンゴのような形状をしており、全体が白く、ツカから出るトゲが滝しぶきのようにみえることもある美しいきのこです。また、ほとんどのきのこが持っている、いわゆる傘の部位がない特殊な姿をしたキノコとして知られています。

大きさは直径10~25cm程度で、ツカの先端部分から1~6ミリ程度の短く細い針状のトゲを多数つけます。また、古くなったり乾燥すると色が白から薄赤く変色したり、黄褐色を帯びていきます。ツカは色は白色で形は棒状、内部は肉が詰まっており、ツカの根元である基部は木の内側まで深く伸びていることが多くあります。

サンゴハリタケの肉は表面と同じく白色で、やわらかいものです。

サンゴハリタケは針の色が白い新鮮な物を選び、ゴミや異物がつかないように丁寧に採ります。あんかけや鍋物などにすると、細かい針の間に味が絡んでおいしくいただけるきのこです。

きのこナビ TOP

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ