ゴムタケ

 ゴムのような弾力があるキノコ

ゴムタケ キノコ事典/辞典/検索ゴムタケ きのこ辞典 事典

ズキンタケ科 ゴムタケ属 / 別名・和名:護謨茸

発生場所:ゴムタケはナラ科広葉樹の倒木などに発生

季節:夏~秋 / おいしさ度:1

ゴムタケはチョコレートやクッキーのようにも見える個性的な形をしたキノコで、触ると名前のとおりゴムのようなプルプルとした弾力があります。広葉樹林やシイタケ栽培の原木などにもよく発生することで知られています。

ゴムタケの直径は1~4cmほどで、頭頂部のくぼんだ部分は黒褐色、側面の色は茶褐色です。また、ツカはなく、ゴムタケの内部は寒天質の層があるため弾力があり、乾燥した場所ではすぐに干からびて硬く縮んでしまいます。

ゴムタケは食用可能なキノコですが、風味は特にありません。プリプリした食感を活かして、軽くゆがいてからシロップを垂らしデザートとして食べたり、コンニャクのように刺し身で食されることもあります。

きのこナビ TOP

サブコンテンツ

このページの先頭へ