コチャダイゴケ

コップのような不思議なかたちのキノコ

コチャダイコケ 珍しいきのこ/事典/図鑑コチャダイコケ 珍しいきのこ/事典/図鑑

ハラタケ科 コチャダイゴケ属 / 別名・和名:小茶台苔

発生場所:コチャダイゴケは雑木林の枯れ木や落枝の上などに群生

季節:夏~秋 / おいしさ度:不明

コチャダイゴケは和名で小茶台苔と記され、小さくてとても風変わりなカタチをしたきのこです。

直経は5mm~1cmほどで、幼い時はボールのような形をしていますが、成長すると口を開きコップのようになります。コップの中に小さな茶色や黄土色の粒が入っていいて、この中には胞子が詰まっています。

この粒は雨が降ると雨水の衝撃で外に飛び出し、周りの草に絡みつきます。そしてその草を食べた動物の体内に入り、糞とともに違う場所に排出され、そこで次の世代が新しく発生するという、変わった生態をもつキノコです。

コチャダイゴケは食用になるかどうか不明です。

きのこナビ TOP

サブコンテンツ

このページの先頭へ