コオニイグチ

傘が白黒模様のキノコ

コオニイグチ 小鬼猪口 きのこ辞典コオニイグチ 小鬼猪口 きのこ辞典

イグチ科 オニイグチ属 / 別名・和名:小鬼猪口

発生場所:コオニイグチはカシやシイなどの広葉樹林の地上に発生

季節:夏~秋 / おいしさ度:1

コオニイグチは主に広葉樹林内に発生するイグチ科のキノコで、傘のササクレが白黒のツートンカラーに見えることが特徴です。オニイグチとコオニイグチは同じ仲間ですが、胞子のサイズがコオニイグチのほうが小さいという違いがあります。

傘の直径は3~8cm程度とオニイグチよりも小型で、綿毛のような感触のササクレが不規則に全体を覆っています。また、傘の裏側の管孔はスポンジ状になっています。この部分やツカを傷つけると赤く変色することも特徴のひとつです。

ツカは4~8cmほどの長さで、傘とほぼ同じ色をしており、上部には網目上のものが見られます。

コオニイグチは可食とされていますが、分からない部分も多く、注意が必要です。

きのこナビ TOP

 

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ