クチベニタケ

小さなたこ焼きのようなキノコ

クチベニタケ 口紅茸 おもしろいキノコ 事典クチベニタケ 口紅茸 おもしろいキノコ 事典

クチベニタケ科 クチベニタケ属 / 別名・和名:口紅茸

発生場所:シイやコナラなどの広葉樹林の地上に発生

季節:夏~秋 / おいしさ度:不明

クチベニタケは見方によっては紅しょうがをのせた小さなたこ焼きのようにも見える、一風変わった形のキノコです。林内で発見するとかわいいいので親しみを感じるでしょう。

直径は1~2cmの球状で、口紅のように赤く見る部分は胞子の噴出口です。胞子が熟すと口の部分が開き、まるで煙のように見える白い胞子を出します。

ツカの部分はゼラチン状で弾力感があり、半透明で黄色に近い色をしています。また、地中にある根元の部分には根のようなものがあり、キノコ全体の体を支えるつくりになっています。

クチベニタケは食用になるかどうか不明のきのこです。

きのこナビ TOP

 

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ