キヌガサタケ

白いレースのマントを着たようなキノコ

キヌガサタケ 衣笠茸 キノコ図鑑/事典キヌガサタケ 衣笠茸 きのこ事典

スッポンタケ科 キヌガサタケ属 / 別名・和名:衣笠茸

発生場所:キヌガサタケは竹林や針葉樹林の地上に単生または群生

季節:梅雨期~秋 / おいしさ度:1

キヌガサタケはツカのまわりに白いレース状の菌網を伸ばす、たいへん特徴的な外見をしているきのこです。スッポンタケにマントをかぶせたような形でもあり、その優美な姿から、「キノコの女王」との別称をもちます。ただ、臭いがとてもくさく、竹林やカラマツ林などでひときわ存在感を放ちます。

キヌガサタケは幼い時は直径4~7cmほどのたまご型の袋に入っており、その袋を突き破って傘とツカが出てきます。傘は釣鐘型で直径は1~4cmほどです。傘は網目状で暗緑色のグレバ(胞子を作る部分)で覆われています。このグレバが悪臭を放ち、臭いで呼び寄せられたハエなどに胞子を運ばせるという役割を持っています。

キヌガサタケのツカは白色で、小孔がたくさんあり、中は空洞になっています。

キヌガサタケは臭い部分を取り除くと、深いコクと旨みのあるキノコとして知られています。中国やフランスでは高級食材として扱われ、日本でも乾燥品が販売されています。

きのこナビ TOP

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ