キツネノエフデ

絵筆のような形でとてもクサイきのこ

キツネノエフデ 狐絵筆 きのこ事典キツネノエフデ 狐絵筆 きのこ事典

スッポンタケ科 キツネノロウソク属 / 別名・和名:狐絵筆

発生場所:キツネノエフデは森林内や畑地、庭先、道ばたなど様々な場所に発生

季節:初夏~秋 / おいしさ度:0

キツネノエフデは棒状をしており、強い悪臭を放つキノコです。ハエなどの昆虫がこの臭気にひかれて集まり、胞子を体に付着させ、このキノコを分散させます。先端が赤い絵の具が付いた筆のようになっていることが名前の由来です。また、キツネノロウソクとは同じ仲間で外見も似ています。

直径1~2cmの卵型の幼菌から赤い棒状の本体が伸びている姿をしており、上部の先端には褐色の粘液部分(グレバ)があり、これが強い異臭を放ちます。先端部分が中に隠れている卵状の段階では、特に匂いはしません。

はじめは白くて柔らかいツボに包まれ、このツボはトカゲの卵によく似た大きさと形をしています。ツボの殻を破って出てくるきのこは、先がとがった円柱状をしており、先端部は濃い赤色、下部に向かうにつれピンク色から白色になっています。

キツネノエフデに似た種類のきのことして、キツネノロウソクなどがあげられます。毒はありませんが食用には向かないようです。

きのこナビ TOP

サブコンテンツ

このページの先頭へ