キクバナイグチ

菊の花のように見えるきのこ

キクバナイグチ きのこ事典/ナビキクバナイグチ きのこ事典/ナビ 菊花猪口

イグチ科 キクバナイグチ属 / 別名・和名:菊花猪口

発生場所:カシやコナラなど広葉樹林や雑木林の地上に発生

季節:夏~秋 / おいしさ度:1

キクバナイグチは、傘の表面のササクレが菊の花のように見えることとから名付けられたキノコです。また、成長するにしたがい傘の裏を覆う皮が破れていき、フチまでうまく裂けると写真のような花型になります。

傘の直径は5~10cmほどで、表面はワイン色で綿毛状のササクレが全体に見られます。古くなってくると表面はヒビ割れ、黄色や淡い赤色の地肌が露出します。

傘裏のスポンジ状の管孔は黄色やオリーブ色ですが、傷がつくと青に変色します。

ツカは7~15cm程度で、濃いワイン色や赤褐色をしており、固く折れやすいことが特徴です。

肉は黄色っぽい色で、匂いは特にありません。

キクバナイグチは煮物などに利用される食用きのこですが、味も風味も今ひとつとされるキノコです。

きのこナビ TOP

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ