ウラムラサキ

全体が紫色をしたキノコ

ウラムラサキ きのこ辞典 裏紫ウラムラサキ きのこ図鑑|事典

ヒドナンギウム科 キツネタケ属 / 別名・和名:裏紫

発生場所:ウラムラサキは各種林内、公園、道端などに発生

季節:夏~秋 / おいしさ度:1

ウラムラサキは名前の通り傘の裏側が紫色ですが、全身も鮮やかな紫色をした小型のきのこです。ただし、成長し古くなるにつれ色は退色し、茶褐色になってしまします。英語表記の学名は“amethysitina”といい、宝石のアメジストのような色をしていることから付けられました。

ウラムラサキの傘は直径1~3cmほどで、初めは先の尖ったまんじゅう型、その後段々と平に開いていきます。

傘の裏のヒダは粗く、紫色で傘表面に比べ退色しにくく、湿度が高い場合はより鮮やかな紫色になります。

ツカは3~8cmほどの長さで全体的には細い印象で、内部は空洞です。

ウラムラサキは一応食用は可能ですが、小さくて肉もあまりないのでキノコ狩りの対象とはなりにくいようです。

きのこナビ TOP

 

 

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ