ウラスジチャワンタケ

お椀のような形をしたきのこ

ウラスジチャワンタケ 裏筋茶碗茸 きのこの種類ウラスジチャワンタケ 裏筋茶碗茸 きのこの種類

ノボリリュウタケ科 ノボリリュウタケ属 / 別名・和名:裏筋茶碗茸

発生場所:ウラスジチャワンタケは各種林内や道端、公園などの地上に発生

季節:春~秋 / 毒性の強さ:1

ウラスジチャワンタケは、その名の通りお茶碗のような形で、お茶碗の外側にあたる部分にスジが見られるユニークな外見のキノコです。お椀の内側はツルツルしていて、胞子が内包されています。胞子は口の部分から白い煙のように飛び出します。

色は淡い茶色~黄土色で、下方にいくほど薄く白っぽくなります。お椀部分の直径は3~8cm程度で、全体の高さは2~10cmくらいです。

ウラスジチャワンタケは最近、微量の有毒成分が確認されたそうなので、食用には向きません。

きのこナビ TOP

 

 

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ