ウスキキヌガサタケ

黄色いレースが印象的なきのこ

ウスキキヌガサタケ きのこの名前ウスキキヌガサタケ きのこ事典|辞典

スッポンタケ科 キヌガサタケ属 / 別名・和名:薄黄衣笠茸

発生場所:ウスキキヌガサタケは各種林内の地上に単生または群生

季節:初夏~秋 / おいしさ度:1

ウスキキヌガサタケはツカのまわりに黄色いレース状の菌網を伸ばす、とても特徴的な姿のキノコです。キヌガサタケとは仲間で、レース状の菌網が白ではなく黄色になっています。現在、国内では自然発生数はあまり多くありません。また、キヌガサタケと同じように悪臭を放つことでも知られています。

ウスキキヌガサタケ初めは直径4~7cmほどのタマゴ型の袋に入っており、その袋を突き破って傘とツカが出てきます。成長すると全体の高さは10cm~20cmほどになり、傘は網目状で暗緑色のグレバ(胞子を作る部分)で覆われています。このグレバは悪臭を放ち、その臭いで呼び寄せられた小虫に胞子を運ばせるという役目を持っています。

ツカは白色で、直経は2~3cmほど。表面には小さい穴がたくさんあり、中は空洞になっています。

ウスキキヌガサタケは臭い部分や黄色いマントの部分を取り除けば可食で、美味しいといわれるキノコです。国内でも一部の地域で食用として試験栽培が始まっています。

きのこナビ TOP

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ