アクイロヌメリタケ

黒光りするきのこ

アクイロヌメリタケ きのこ図鑑/事典アクイロヌメリタケ きのこ図鑑/事典

ヌメリガサ科 アカヤマタケ属 / 別名・和名:灰汁色滑茸

発生場所:アクイロヌメリタケは各種林内の草地や地上付近に発生

季節:夏~秋 / おいしさ度:不明

アクイロヌメリタケは、全体がゼラチン質の強い滑りで覆われた黒っぽい色のきのこです。林の中で日差しを浴びると、傘もツカもキラキラと黒光りするのが印象的です。

傘の直径は2~4cm程度と小さく、初めは先の尖った円錐形で、成長とともに段々と開いていきます。

ツカは3~5cm程度で上から下まで細く、灰褐色に近い色をして、中は空洞になっています。

アクイロヌメリタケは食用可能か分かっていません。

きのこナビ TOP

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ