アカチシオタケ

傘から赤い汁を出すかわいいきのこ

アカチシオタケ 赤血潮茸 きのこ事典アカチシオタケ 茸 きのこ種類

キシメジ科 クヌギタケ属 / 別名・和名:赤血潮茸

発生場所:アカチシオタケはブナなどの広葉樹の朽ち木や切り株などに発生

季節:秋 / おいしさ度:0

アカチシオタケは、森の中で出会うと工芸品ではないかと思えるほどかわいいきのこです。傘は直径が2cm前後で表面の色はやや灰色を帯びた淡いオレンジ色、中央の部分がやや突き出ていて色が濃くなっています。ただし傘やツカの色には個体差があるようです。

傘やその裏側のヒダの部分を傷つけるとオレンジ色の汁が出るという特徴があり、この点は赤っぽい黒汁を出すチシオタケとは大きく異なります。

また、傘の表面に放射状に入った条線があることも特徴のひとつであり、ヒダはツカに直生しています。ヒダは白っぽい色をしていますが傷がつくと濃いオレンジ色に変色します。

ツカの部分は10cm前後の長さで細長い棒状をしており、色は淡いオレンジ色~褐色を帯びたオレンジ色です。また、ツカの根元には産毛が生えています。

アカチシオタケは小さく、食用には向いていないキノコです。

きのこナビ TOP

サブコンテンツ

このページの先頭へ