ワカクサタケ

エメラルド色をしたかわいいきのこ

ワカクサタケ 若草茸 きのこ辞典/事典ワカクサタケ 若草茸 きのこ辞典/事典

ヌメリガサ科  ワカクサタケ属 / 別名・和名:若草茸

発生場所:雑木林や草地などの地上に発生

季節:夏~秋 / 毒性の強さ:1

ワカクサタケはその名の通り、傘がみずみずしい若草色やエメラルド色をした、小さくて可愛らしいきのこです。

傘の直径は0.5cm~4cmほどと小さく、形は初めは半球形で、段々と開いていきます。若い時の表面は鮮やかな緑色でヌメリがありますが、徐々に退色していきヌメリも少なくなっていきます。

ツカは1~5cmほどの長さで、細いため弱くて裂けやすくなっています。若い時はツカもきれいな緑色をしています。

ワカクサタケは毒成分が確認されているため食用には向きません。

きのこナビ TOP

サブコンテンツ

このページの先頭へ