マスタケ

鱒(マス)のようなオレンジ色のきのこ

マスタケ 升茸 きのこ事典/辞典マスタケ 升茸 きのこ事典/辞典

サルノコシカケ科 アイカワタケ属 / 別名・和名:鱒茸

発生場所:マスタケは、針葉樹またはミズナラやモミ類の切り株や古木、倒木の上などに発生。

季節:春~秋 / 毒性の強さ:1

マスタケは、大型のキノコが多いとされるサルノコシカケ科に属するキノコです。中には直径が30cmを超えるものもあり、サイズの大きなものは重量も10kg以上に成長します。

傘は鮮やかな紅色で、サクラマスや紅マスの表面の色に似ていることから「マスタケ」と名前が付けられました。形は半円形~扇形でフチの部分は線状に波打ったような姿をしていて、ボコボコと盛り上がりをみせるものもあります。また、縦に重なり合って木樹の側面に発生していることが多く見られます。

管孔は円形で非常に小さく、色は白色のものや鮮やかな黄色、オレンジ色のものなど様々です。
幼菌時は柔軟性のある質感をしていますが、成熟すると柔軟性が失われ、縁の方から裂けやすくなっていきます。

東北地方では長い間、食用キノコとして扱われてきたようです。若いものは食用になりますが、毒成分が確認されたこともあり、食用にすることあまりすすめられていません。

きのこナビ TOP

 

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ