ヒトヨタケ

一晩で傘の部分が無くなってしまうキノコ

ヒトヨタケ 一夜茸 きのこを調べる/検索ヒトヨタケ 一夜茸 きのこを調べる/検索

ナヨタケ科 ヒメヒトヨタケ属 / 別名・和名:一夜茸

発生場所:ヒトヨタケは畑、草地、道端、庭先などに群生

季節:春~晩秋 / 毒性の強さ:1

ヒトヨタケはコプリンという特殊な毒の成分を持っているキノコです。単体で食べる分には問題ありませんが、コプリンは体内で数日間残る成分であり、アルコールと同時に摂取すると中毒症状を起こします。

ヒトヨタケは傘の直径が5~8cm位で表面の色は灰色から灰褐色のキノコです。中央部には鱗片があり、縁の周辺には条線が見られます。形は幼菌時は卵型で、成長するにつれ徐々に傘が開いて円錐形になり、最後には縁の部分が反り返ります。

ヒダは密に並んでおり、色は白色から灰色に変化していきます。ヒトヨタケの特徴として、成長すると最後は黒に近い色になって傘もヒダも液状化し、まるでインクのように地面に滴り落ちて溶けて無くなるという、風変わりな性質を持っています。

ヒトヨタケのツカは8~15cmとかなり高く、その中ほどの位置に不完全な形のツバがあります。ツカの太さは根元の方がやや太く、中身は空洞で、色は白色です。
肉は表面と同じような色をしていて、殆ど味はありません。

ヒトヨタケは味も殆どないので食用にしないほうが無難なきのこです。

きのこナビ TOP

 

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ