ハナホウキタケ

赤い珊瑚のような形をしたキノコ

ハナホウキタケ 花箒茸 きのこの種類/事典ハナホウキタケ 花箒茸 きのこの種類

ホウキタケ科 ホウキタケ属 / 別名:花箒茸

発生場所:ハナホウキタケはコナラなど広葉樹林の地上に群生

季節:夏~秋 / 毒性の強さ:1

ハナホウキタケは名前の通り、箒(ホウキ)を逆さにしたような姿で、赤いサンゴのようにも見えます。その分かれた枝は上の方向に長く伸びており、先端に向かって複数回分かれています。先端部分の色は鮮やかな朱色、オレンジ色、紅色、黄色またはサーモンピンクなどで、様々な色の個体が見られます。根元の部分は少し白色を帯びていることが多いようです。

ハナホウキタケの基部は全ての枝が集まった大きな塊のような形状をしていますが、太くがっしりとしたものや、基部からすぐに枝分かれするものなど様々です。また、全体の高さは10cm程度ですが大きいものは20cm程にもなります。

肉は表面の色とは異なり白色ですが、触れたり傷ついたりすると淡い赤色に変色することもあります。

また、味はやや苦味があるといわれていますが、毒キノコであり中毒を起こすため口に入れないようにしましょう。

きのこナビ TOP

 

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ