ドクベニタケ

かわいい姿だけど毒キノコ

ドクベニタケ 毒紅茸 きのこナビ/事典ドクベニタケ 毒紅茸 きのこナビ/辞典

ベニタケ科 ベニタケ属 / 別名・和名:毒紅茸

発生場所:ドクベニタケは広葉樹林や針葉樹林などの地上に発生

季節:夏~秋 / 毒性の強さ:2

ドクベニタケは鮮やかな赤色の傘を持つ毒キノコです。林内に輪を描くように並び発生するフェアリーリング(妖精の輪)を形成するキノコとして知られています。

ドクベニタケの傘は直径が2~10cm、初めはまんじゅう型ですが成長するにつれ傘が開いて平らになり、古くなると反り返ります。傘の表面の赤色の皮は容易に剥がすことがができ、湿気のある場所ではヌメリがでます。また、傘表面の色は桃色の場合もあります。雨に濡れたり古くなると退色し、白っぽくなります。

ヒダはツカに直生~離生し、色は白く密に並んでいます。

ツカの部分は太めですが根元部分は更に太くなっており、白色で表面には浅いシワがあります。

肉はツカやヒダと同じく白色で全体的にもろく、裂こうとするとボロボロとくずれ落ちます。

ドクベニタケの赤色は、色味が一定ではなく、薄い赤、濃い赤など色幅が大きいとされています。他の食用きのこと間違えて口にした場合、ひとかけらかじっただけでもしばらく口の中が麻痺するほどの刺激があります。

きのこナビ TOP

 

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ