ツルタケ

鶴の首のようにツカが長いキノコ

ツルタケ きのこ事典ツルタケ きのこ辞典

テングタケ科 テングタケ属

別名・和名:鶴茸

発生場所:ツルタケは雑木林またはブナ、コナラなどの広葉樹の林内地上に発生

季節:夏~秋

毒性の強さ:1

ツルタケは傘の直径が4~8cmほどで、色はグレーまたは灰褐色でフチの部分は色が薄くなっており、中央部から放射状に伸びた条線が見られます。また、湿気が多い場所では表面にヌメリが見られ、傘の形は初めは卵形で成長すると段々と平らに開いていきます。成長すると傘が裂けやすくなります。

ヒダはツカに離生していて密に並んでいます。ヒダの色は綺麗な白です。

ツルタケのツカは長さが10~20cmとかなり長く、これが鶴の首のように見えることから名前がつきました。ツカはツルっとしており、根元に近づくほどやや太くなって中は空洞です。また、根元部分にはツボがあり、表面は白色で、上部は粉状、下部は綿毛状の鱗片に覆われています。

肉は基本的にどの部分も白色で、味や匂いはあまりありません。

昔は食用可能とされてきましたが、熱をかけても中毒を起こしますので、食用には向きません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ