チチアワタケ

乳液を出すきのこ

チチアワタケ きのこ事典チチアワタケ きのこ事典

イグチ科 ヌメリイグチ属 

別名・和名:乳泡茸

発生場所:チチアワタケは主に松林の地上に束生または群生

季節:夏~秋

毒性の強さ:1

おいしさ度:1

チチアワタケの傘は直径が4cm~10cmほどで、初めは栗色または栗褐色で半球形、成長すると平らになり、色は黄褐色になっていきます。また、湿度が高い環境では表面に多くのヌメリが見られ、幼い時は粘性が強く、やがて粘性が弱くなるという特徴があります。

チチアワタケの管孔はツカに直性またはやや垂生し、色は黄色から褐色で孔口は小さく、円形もしくは多角形になっています。若い時は管孔から乳白色の乳液を出し、成長するとそれが褐色のシミになります。

ツカは太めで上下でほぼ同じ太さか、少し根元の方が太くなっています。また、ツカの色は白色~淡い黄色で、表面は褐色のツブで覆われています。

肉は貴白色で、味や匂いは特にありません。

チチアワタケは汁物、煮物、鍋物などに利用されますが、体質によっては中毒を起こすこともあるので、食べないほうがいいでしょう。

きのこナビ TOP

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ