タマシロオニタケ

根本がふくらんだ白い姿。猛毒キノコ。

タマシロオニタケ  きのこ事典 毒タマシロオニタケ  きのこ事典 毒

 

テングタケ科 テングタケ属

別名・和名:玉白鬼茸

発生場所:タマシロオニタケはブナ科の広葉樹林や針葉樹が混ざる混生林地上に発生

季節:夏~秋

毒性の強さ:3

タマシロオニタケはペンチン酸、ヘキサジエン酸などの毒成分をもつ猛毒きのこです。食べてはいけません。

タマシロオニタケは傘の直径が2~7cmほどで、色は白色または淡い褐色を帯びた白色をしています。形は初めは半球形、成長するにつれ傘が開き、古くなると平らになります。また、表面には尖ったイボが無数に見られますが、雨風などで落ちることもあり、必ずあるとは限りません。

ヒダの部分の色はほぼ白色で、密に並んでいます。

タマシロオニタケのツカは傘とほぼ同じ色で、中は空洞になっています。上部には布が垂れたようなツバが見られます。また、ツカは太く、上から下までほぼ一定の直径です。根元付近には球形のふくらみがあり、これが玉のように見えることと、色も白いことから玉白鬼茸と名付けられたようです。また、ツカの表面は繊維質の鱗片に覆われています。

肉は表面と同じく白色で特に匂いはなく、食べるとほんのり甘味があるといわれていますが、テングタケの仲間であり、猛毒きのこなので絶対に口に入れないように注意してください。

きのこナビ TOP

 

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ