シロオニタケ

鬼の角のようなイボがある毒キノコ

シロオニタケ 白鬼茸 キノコ辞典/事典シロオニタケ 白鬼茸 キノコ辞典/事典

テングタケ科 テングタケ属 / 別名・和名:白鬼茸

発生場所:シロオニタケはコナラ、アカマツなど広葉樹林の地上に発生。

季節:夏~秋 / 毒性の強さ:1

シロオニタケは傘の直径が9~20cm程度の大きさで、表面の色は純白で微粉に覆われ、ツノのような形の尖ったイボが全体から生えています。白いイボが鬼の角のように見えることから「シロオニタケ」と名付けられました。

若いうちは傘の全面にこのイボが見られ、初めは丸い形をしていますが段々と傘が開いていき、古くなると円盤状の平らな形のキノコになります。特徴的なイボは成長とともに脱落してしまうので、種類を見分けるための目安にはなりません。

ヒダはやや褐色を帯びた白色で密に並んでいて、割と特徴のないヒダをしています。

ツカの部分は長さが10~22cmと長く、傘と同じ白色で根元の部分が太く、基部はさらに丸く大きく膨らみ、尖ったイボが数えきれないほど付いています。

ツカの上部に布が垂れたようなツバがついている場合もありますが、成長過程で失われることが多く、古いた個体には残らない方が多いようです。

シロオニタケの肉は表面と同じく白色で、乾燥すると強い臭いを放ちます。

また、毒キノコであるため食用は不可です。

きのこナビ TOP

 

 

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ