ザラエノハラタケ

マッシュルームに似た毒キノコ

ザラエノハラタケ きのこ事典/辞典ザラエノハラタケ きのこ事典/辞典

ハラタケ科 ハラタケ属 / 別名・和名:粗柄原茸

発生場所:ザラエノハラタケは広葉樹林、針葉樹林などの地上に発生

季節:夏~秋 / 毒性の強さ:1

ザラエノハラタケの傘は直径が5~20cm程度で、傘の色は白~淡い桃色です。頭頂部を中心に褐色の細い鱗片が見られ、フチに近づくほどその数は少なくなっていきます。形は初め半球形で、成長とともに傘が開き、最後は平らになります。

ヒダは非常に密に並んでいて、色は初め白色ですが成長すると淡いピンクになり、古くなると黒っぽい色に変化します。

ザラエノハラタケのツカは中身が空洞で色は白です。上部から下部までほぼおなじ太さが、基部はやや膨らんでいます。また、ツカの上部には大きなツバがついており、ツバから上の部分は淡いピンク色で、ツバより下の部分は白く、粗いササクレが見られます。

ザラエノハラタケの肉は白色ですが、傷がつくと淡い赤に変色します。

マッシュルームに外見が似ていますが、毒キノコなので注意が必要です。

きのこナビ TOP

サブコンテンツ

このページの先頭へ