サクラタケ

桜色をしたかわいい毒キノコ

サクラタケ キノコ図鑑/事典 桜茸サクラタケ 桜茸 きのこナビ

キシメジ科 クヌギタケ属 / 別名・和名:桜茸

発生場所:サクラタケは各種林内の地上に束生または単生

季節:春~秋 / 毒性の強さ:1

サクラタケは名前の通り、桜色やバラ色、桃色のものが多く、林内に並んだ姿がかわいい小さなキノコです。また、きれいな色のものばかりでなく、中には紫色やグレーの個体もあり変化に富みます。

傘は直径が2~6cm程度で、湿気がある場所では長い条線が見えることがあります。傘の形は初め釣鐘型で成長とともに平らに開き、最後は反り返ります。傘を指やスコップで傷つけると大根おろしのような匂いがして、この匂いがサクラタケの特徴です。

ヒダの色は白色から赤紫色で、間隔は粗くなっています。

ツカは3~7cmほどの長さで根元付近ほど太く、中は空洞。ツカ表面の色は傘の色と同系色で、全体を微毛が覆っています。

肉は表面と似た色で、味はあまりないとされています。

サクラタケは国内で以前は食用とされてきましたが、最近になって毒性が判明しました。神経系に害を及ぼす物質を含むキノコなので口にしないほうがよいでしょう。

きのこナビ TOP

サブコンテンツ

このページの先頭へ