クロハナビラタケ

黒い花びらのような姿の毒キノコ

クロハナビラタケ 黒花弁茸 きのこ事典クロハナビラタケ 黒 きのこ事典

ズキンタケ科 クロムラサキハナビラタケ属 / 別名・和名:黒花弁茸

発生場所:クロハナビラタケは各種林内の倒木や切り株の上に発生

季節:秋~晩冬 / 毒性の強さ:1

クロハナビラタケの外観は、食用可能なキクラゲやクロハナビラニカワタケとよく似ていますが、こちらは毒キノコなので間違えないよう注意が必要です。

傘の部分は黒~黒紫色で、少し光沢のある皮のような表面をしています。全体の直経は1~6cmほどで、フチには波を打ったようなシワが見られ、その姿は黒い花のようなイメージです。傘の裏面はザラザラして、色はオリーブ色になっています。

外見の似たクロハナビラニカワタケやキクラゲの仲間と比べると小型で、より黒色が強く出ているキノコなので、比較的区別しやすい種類だといえるでしょう。

キクラゲなど他の種類との見分けに自信がない場合は食べないほうが懸命です。

きのこナビ TOP

 

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ