クロハツ

粗いヒダが特徴的なきのこ

クロハツ きのこ事典/ナビクロハツ きのこ事典/ナビ

ベニタケ科 ベニタケ属 / 別名・和名:黒初

発生場所:クロハツは雑木林の地上などに発生

季節:夏~秋 / 毒性の強さ:1

クロハツは傘裏の粗いヒダが特徴的なキノコで、傷つくとその部分が赤色から黒に変色する性質をもっています。

傘は直径が8~20cmほどと大型で、色は初め白に似た色をしており、成長すると黒っぽい茶褐色に変化。古くなると黒褐色になります。形は若いうちは中心が窪んだまんじゅう型をしており、段々開き、最後は反り返って漏斗型に変形します。また、表面にヌメリはみられません。

ヒダは肉厚で粗く、離れて並んでおり、色は白色で最終的には黒に近い色に変色します。

ツカは太く短いもので、下にいくほど細くなっていきます。ツカ表面の色は初めは白色で後に黒褐色に変色します。

肉は白色で匂いは特にありません。

クロハツは以前は食用とされていましたが、中毒することが多く現在は毒きのこの扱いです。間違えて多く食すと全身が痛み、麻痺しますので注意してください。

きのこナビ TOP

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ