クサウラベニタケ

中毒件数が最も多い、要注意きのこ

クサウラベニタケ きのこを調べるクサウラベニタケ きのこ事典/図鑑 検索

イッポンシメジ科 イッポンシメジ属 / 別名・和名:ミズカンコ、メイジンナカセ、臭裏紅茸など

発生場所:クサウラベニタケはブナ科の広葉樹林、雑木林などの地上に群生

季節:夏~秋 / 毒性の強さ:2

クサウラベニタケは日本で誤食による中毒事故が最も多いきのこです。別名「名人泣かせ/メイジンナカセ」と呼ばれるほど他の食用きのこと見分けるのが難しいため、特に注意してください。

クサウラベニタケの傘は直径が2~8cm程度で、色は薄いグレーから灰褐色です。形は初め半球形で、成長するにつれ中央がやや高くなった形で平らに開きます。湿度が高い環境では表面にヌメリがでますが、乾燥すると絹のような光沢が出てきます。

ヒダの色は若いうちは白色で、段々と淡い赤色を帯びていきます。ヒダのフチには、細かいノコギリの歯のようなギサギザした形状が見られます。

ツカは4~12cmの長さで、やや細く、上部より下部のほうが少し太くなっています。ツカの中は空洞で白色をしており、表面にはうっすらと縦の線が見られます。

傘の肉は表面と同系色で、わずかに粉のような臭いがあります。

クサウラベニタケはウラベニホテイシメジやハタケシメジ、ホンシメジなどと外見が似ており、間違えやすいきのこです。また、外見が異なるものがあり、今後別種類として区別される可能性もあります。判断に自信がない場合は食さないほうがいいでしょう。

きのこナビ TOP

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ