キララタケ

傘にキラキラした鱗片があるきのこ

キララタケ 雲母茸 きのこを調べるキララタケ 雲母茸 きのこ図鑑/調べる

ヒトヨタケ科 ヒトヨタケ属 / 別名・和名:雲母茸

発生場所:キララタケは広葉樹林の切り株などの付近に群生または単生

季節:夏~秋 / 毒性の強さ:1

キララタケのキララとは鉱物の雲母のことです。幼い時には傘の表面が雲母状の鱗片に覆われていて、キラキラして見えることから名付けられました。

傘の直経は1~4cmほどで、初めはタマゴ型、成長にともない円錐形になり、最後は平に開きフチが反り返ります。

ツカは白色で細く長いことが特徴です。上から下までほぼ同じ太さになっています。

キララタケは以前は若いものを食用としていましたが、トリプタミンという毒成分が見つかっているので食べないほうがいいでしょう。また、アルコール類と一緒に食べると悪酔いすることでも知られるきのこです。

きのこナビ TOP

サブコンテンツ

このページの先頭へ