キヒダタケ

傘裏のヒダが黄色いキノコ

キヒダタケ 黄襞茸 きのこを調べる/事典キヒダタケ 黄襞茸 きのこを調べる/事典

イグチ科 キヒダタケ属 / 別名・和名:黄襞茸

発生場所:キヒダタケはアカマツやコナラなどの林内地上に発生

季節:夏~秋 / 毒性の強さ:1

キヒダタケは傘の裏側のヒダが鮮やかな黄色で、間隔が粗いという特徴をもつきのこです。

傘の直径は2~7cm程度で、初めはまんじゅう型で成長すると平に開いていきます。表面の色は灰褐色からオリーブ色で、ビロード状になっています。

ツカは長さ3~7cmほどで、ヒダと同様の黄色または茶褐色。上部から下部までほぼおなじ太さで、ヒダに続く稜線が見られます。

キヒダタケは毒きのこなので食用にはなりません。

きのこナビ TOP

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ