キシメジ

黄色が目印のキノコ

キシメジ きのこ辞典キシメジ キノコ図鑑/辞典

キシメジ科 キシメジ属 / 別名・和名:キンタケ、黄湿地など

発生場所:キシメジはマツ林、ツガ林、雑木林などの地上に発生

季節:秋 / 毒の強さ:1

キシメジは古くからその黄色い姿で「キンタケ」の愛称で親しまれ、ほろ苦い味の食用きのことして知られていました。しかし近年、海外でキシメジの中毒事故が相次いだため、現在は食用不適とされています。

キシメジは傘が5~10cmほどの大きさで、表面の色は淡い黄色~濃い黄色です。中央付近には褐色の細かいササクレが見られます。傘の形は初めまんじゅう型で、成長すると中央部がやや高い平らに近い形に変化していきます。また、湿気が多い環境では表面に粘性のヌメリが出ます。

傘の裏側のヒダは薄いレモン色で密に並んでおり、ツカに離生しています。

キシメジのツカはおよそ3~7cmほどでやや太く、根元に近づくにつれてに径が太くなっています。色は傘とほぼ同色の黄色です。

肉は白色で、ツカの部分も内部に空洞はなく、肉がしっかりと詰まっており、特徴的な匂いはありません。

キシメジの味は苦く、この苦味は下処理をすれば消えますが、前述のとおり事故もあるので食さないほうがよいでしょう。

きのこナビ TOP

 

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ