ガンタケ

テングタケに似た姿の毒きのこ

ガンタケ きのこの種類 事典ガンタケ きのこの種類 写真

テングタケ科 テングタケ属 / 別名・和名:雁茸

発生場所:ガンタケは各種森林内の地上に発生

季節:夏~秋 / 毒性の強さ:1

ガンタケは外見がテングタケに似ていて、以前は食用とされていましたが、近年アマトキシンという毒成分が確認されたきのこです。傷つくと全体が赤褐色に変色するという特徴を持っています。

傘の直径が6~18cm程度になり大型のきのこで、表面の色はオレンジ色または暗い赤褐色をです。また、表面には薄い褐色~グレーのイボが無数にあり、湿気の高い環境では弱いヌメリが見られます。傘の形は初め半球型で、徐々に釣鐘型になり、最後は平らで丸い円盤状になるまで開きます。

ガンタケのヒダは密に並んでいて、色は全体的に白色。ところどころに褐色のシミ状のものが見られることもあります。

ツカは約7~20cmとかなり長く、中は空洞で、根元に近づくほどにやや太くなっています。ツカの中ほど部分には垂れ下がった白いツバがあり、表面の色は褐色で、ツカの根元は肥大し、しばしばツボの落下したものが見られます。

ガンタケの肉は白色です。特徴的な匂いはありません。ガンタケと外見が似ているきのこにテングタケがありますが、こちらは傷がついても変色しません。

前述のように、毒成分があるので食用にしないほうが懸命です。

きのこナビ TOP

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ