カキシメジ

おいしそうに見えるが実は毒のあるキノコ

カキシメジ 柿湿地 きのこ辞典カキシメジ 柿湿地 きのこ辞典/事典

キシメジ科 キシメジ属 / 別名・和名:柿湿地

発生場所:カキシメジは主に広葉樹林、針葉樹林、雑木林などの地上に群生。

季節:秋 / 毒性の強さ:1

カキシメジは誤食による中毒事故が多いきのこです。国内ではクサウラベニタケツキヨタケとともに「中毒キノコ御三家」のひとつとして数えられ、注意が必要です。

カキシメジの傘は直径が4~8cmほどで、形は初め半球形でフチが内側に巻いた形をしていますが、成長すると平らに開きます。傘の色は褐色~赤褐色で、中央部分がやや濃く、また、湿度が高い場所では多量のヌメリが見られます。

ヒダは密に並び、白色に近い色をしています。

ツカの長さは3~7cm程度で、上部から根元部分までほぼ同じ太さで、大きくは変わりません。ツカ上部は白色ですが、根元に近づくにつれ色は濃くなり、内部は空洞になっているものがほとんどです。

カキシメジの肉には強い悪臭があり、味も誤って食べると苦味を感じます。前述のとおり、食用キノコと間違える確率が高いので、食した場合に臭かったり、苦かったりしたらすぐに吐き出すようにしましょう。

きのこナビ TOP

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ