オシロイシメジ

 白粉(おしろい)を塗ったようなキノコ

オシロイシメジ 白粉湿地 きのこ事典/図鑑オシロイシメジ きのこを調べる

キシメジ科 ハイイロシメジ属 / 別名・和名:白粉湿地

発生場所:オシロイシメジは広葉樹、針葉樹林内の地上に群生

季節:夏~秋 / 毒性の強さ:1

オシロイシメジはシメジに白粉(おしろい)を塗ったような外見をしたきのこです。

傘は4cm~7cmほどで、色は純白でスベスベしておりツヤはありません。まれに傘に溝のような線が出ることがあります。形は初め半球形で、成長とともに開き、最後は平らになります。成長すると傘のフチ部分は波打ったようになっていきます。

ヒダは乳白色で、きめ細かく密に並んでいます。

オシロイシメジのツカは全体的に細長いイメージで、色は白色です。

肉も傘やツカと同じ様に白色で、もろく、成長するとツカの中心は空洞になります。また、独特の匂いを持っていて特徴のひとつとされています。

オシロイシメジは長く食用とされてきましたが、近年胃腸系の中毒を起こす毒成分が確認され、以来毒キノコとして扱われています。食さないほうが懸命でしょう。

きのこナビ TOP

サブコンテンツ

このページの先頭へ